Skåne Club

Blog

TVIST修復 Embroidery Column

何とかなりました!

デザイン:EICOTVISTデザイン工房

TVISTのメガネケースが完成して喜んだのもつかの間…愛犬に噛まれてボロボロになってしまった!と連絡がありました。
写真作品を見る限りキズは浅いと思っていましたが、解体したメガネケースは以外とあちらこちらが痛んでいました。

少々考えましたがとりあえずは解体して現場検証!
TVIST=ロングアームドクロスステッチは長い糸と短い糸を交差させ隣の糸ともう1回交差させて進みます。丈夫なステッチ&SkåneClubが使用しているスウェーデン直輸入糸も良く布に絡みます。ダブルで丈夫な刺繍になります。糸を解きながらつくづく思いました。丈夫な刺繍なので修復が可能でした。

今回のTVIST修復は私も大変勉強になりました。ハンドメイド縫製だからこそ多くの可能性があります。TVISTは刺す事は勿論楽しいですがその他にも沢山楽しい事がある事に再発見した体験でした。

クラスで良く言っていますが、作品により縫い代が違います。その理由としてTVISTは丈夫ですが中布、裏布の交換をする場合などがあります。その時に縫い代が多い方が安心します。大きな作品ほど縫い代を多く残して切って下さい。


Skåne Club

MENU CLOSE