Skåne Club

Blog

2023年1月のSkåneClub Embroidery Column

トートバッグのハンドメイド縫製

12月のクラス後、トートバッグを含む新作TVISTのハンドメイド縫製を8点抱えて新年を迎えました。1月のSkåneClubは姉のクラスからスタート致します。直ぐやぁ!寝てはいられません、元旦早々からアトリエにこもり仕事。母が亡くなってから大人3人の清水家では12月31日はワイン&元旦は日本酒が恒例になりそれに似合う食べ物を作ります。お惣菜は買いません。それが唯一私達のこだわりの年末年始行事。パッパと終わらせアトリエイン!静寂のなか時が過ぎあっという間に三ヶ日も終わり、、、トートバッグが3点、メガネケースが2点、ポーチが1点、あと2点のタペストリーは裏布&金具のセットまでで力尽き果てました。ちょっとブレイクで1月クラスの準備に出かけます。
清水惠都子が北欧の刺繍教室を1994年に開講し今年で教室開講30年になる記念すべき年になります。当初はデンマーク手工芸ギルド(フレメ)のクロスステッチ刺繍を中心にした教室名「デンマーク刺繍倶楽部」から始まり1997年にTVISTを取り入れた「SkåneClub」に改名。大阪モード学園在校中にデンマーク刺繍に出会い、10年間東京で学び、南スウェーデン、スコーネ地方でTVISTに出会い、もう40年以上経ちます。良き時代に沢山学び、沢山遊び、そして沢山お金を使いました。もう時間の無駄遣いをしている年代ではありません。愛するTVISTで沢山の新作デザイン&ハンドメイド縫製で作品作りをするのが至福の楽しみになりました。今年のSkåneClubは渋系です!


Skåne Club

MENU CLOSE