Skåne Club

Blog

12月はEICOTVISTクラスから Embroidery Column

スコーネ古典模様

早いもので2021年師走になりました。SkåneClubは12月4日、EICOTVIST土曜日クラスから始まりました。メンバーは春入会3名&秋入会6名、9人体制です。春入会の3メンバーは今シーズンから企画致しました「CLUBギャラリー」でEICOTVIST水曜日クラスのメンバーが制作したスコーネの古典柄クッションをご覧になられてESクラスから移動されました。いくつかの課題をこなし憧れの大作「アカンサス」50X50cmを製作中です。 
私達姉妹は南スウェーデン、スコーネ地方でTVIST巡礼を重ねTVISTでオリジナルデザインを創作しハンドメイド縫製に特化したSkåneClubへと成長致しました。洋画家で姉は1500〜1600年時代の古典柄デザインをアレンジしクラスではライブで色面指導をするEICOTVISTクラスが確立。多くのメンバーが学び巣立ちまたクラスに入る、、、TVIST&色が好きな方が残留されている感じです。このクラスはまさしくSkåneClubそのものです。私の中ではTVIST三昧のクラスにしたいところなのですが叶わず、講師の姉に頼み込んで水曜日&土曜日のEICOTVISTクラスが開講と相成りました。
来年SkåneClubは28年目を迎えます。これから発表する新作は教室開講30周年を意識した新作となります。今後のSkåneClubの展示会はメンバーだけで新作TVISTを愛でる「CLUBギャラリー」でしかお見せしない方向へ進んでおります。充実した制作過程と作品発表がとても気に入っております。EICOTVIST土曜日クラスのメンバー達も来年にはCLUBギャラリーに展示して頂けるでしょう、、、今から楽しみです!

SkåneClubのアカンサス/50X50cm
デザインアレンジ:EICOTVISTデザイン工房
制作:早川るみ子、清水和美、松井芳江


Skåne Club

MENU CLOSE