Skåne Club

Blog

スコーネの庭シリーズ Embroidery Column

白い花のタペストリー

10月から期間限定で展示されるスコーネの庭シリーズ「白い花のタペストリー」は2020年夏休みに創作されました。作品の地色が黒色系と白色系、主役の草花もそれぞれデザインと色面が違うシリーズのタペストリーです。
当初清水惠都子が刺す為に絵画的北欧モダンデザインでリクエストし姉が創作してくれました。夏休みは沢山の課題があり立体ポーチのハンドメイド縫製に手が掛かり超大作の白い花タペストリーを刺す時間がなくEICOTVISTクラスに委ねました。先ずファーストモデルデザインは松岡さん!あっと言う間に刺し終わりました。2021年春に初めてのCLUBギャラリーを開催し展示をさせて頂きましたがやはり一番人気でした。「スコーネの庭、満開」に次ぐSkåneClubの代表的なTVISTになりました。
白い花のタペストリーはデザイン&色面が重複しない様にデザイナーがメンバーを思い浮かべながら微妙に変化したキットをお渡し致しました。10月からの常設CLUBギャラリーではEICOTVISTクラスの中村さんが刺したタペストリーを展示させて頂きます。

常設CLUBギャラリーでは新作デザインにつき誠に申し訳ありませんが写真撮影はお断りさせて頂きます。SkåneClubメンバーだけのギャラリーになりますので予約クラス中にごゆっくりご覧頂けます。またメンバー特別価格でキット予約販売も可能でございます。

スコーネの庭、白い花のタペストリー 30X58cm
デザイン:EICOTVISTデザイン工房


Skåne Club

MENU CLOSE