Skåne Club

Blog

進化するハンドメイド縫製 Embroidery Column

イメージをカタチに。

デザイン:EICOTVISTデザイン工房

今年の夏休みはず〜っと気にかけていたハンドメイド縫製に時間をかけています。2018年の作品展に発表したフラップタイプの立体ポーチはデザインは素敵でしたが縫製が完璧ではなかった、、、。デザイナーからは詰めが幼稚と言われ奈落に落ちました。しばらくお蔵入りでしたが心の奥底ではどうしても復活したい立体ポーチでした。
フラップ立体ポーチはフラップ、蓋の部分のデザインが強調されてファスナータイプより素敵に、可愛く表現できます。そしてフラップを開けるとより表現がダブルで味わえる、、、そんなイメージで最初からやり直す事にしました。ポーチとリンクしたクロスステッチデザインを刺して手応えのある進化したハンドメイド縫製を考えました。私のクロスステッチ刺繍はこの日の為に、ポーチの為に、非常に役立つ刺繍となりました。花糸は色落ちするので勿論オリジナルのGRAYISH糸で刺します。
8月も半ばですが毎日毎日イメージを形にする事ばかりを考える日々が続きます。結果を出せた事で少し安堵しています。夏休みの後半も引き続き詰めが甘かった作品の見直しなどTVIST&ハンドメイド縫製が一体となった「SkåneClubのTVIST」を楽しくより一層進化させたいと思っています。


Skåne Club

MENU CLOSE