Skåne Club

Blog

SkåneClub『TVIST』物語No.7 Embroidery Column

オリジナルデザインとは

ダーラヘスト 、クッション
デザイン:EICOTVISTデザイン工房

刺繍も北欧ブームで北欧デザインが急増しました。SkåneClubもTVISTでウニッコ柄を「マイヤのHANA」と名ずけてピンクッション、マット、タペストリー、クッションなど展開していきました。
その反面、姉のプライドが許さず稚拙なデザインをする事に対して不本意でなりません。ポピーを描いてデザイン化にするとウニッコ柄になります。絵描きの仕事では無いとかなりご機嫌斜めでした。次に私の企画は北欧スウェーデンと言えば「ダーラヘスト 」ダーラナ地方の馬、このデザイン提案はすんなり通り水を得た魚のように姉の仕事は進みました。私達にとってウニッコから脱却したデザインとなり某カルチャースクール文化事業部の方からお誘いを頂きました。完璧なオリジナルデザイン「ダーラヘスト 」は私達のターニングポイントとなりました。これくらいのデザインで有頂天になっている暇もなく次にかからなくてはなりません。企画構想が湯水のように湧いてきません。そんな時は思い出します。インガ・パルムグレン先生の自宅アトリエで高齢にもかかわらずオリジナルデザイン制作をライフワークにされていた事、広大なインガ先生の庭のスケッチをさせて頂いた事など長年通ったスコーネ地方で私達は何をして来たのか…デザインの本質を忘れかけていた事に気が付くのです。SkåneClubにはプロの絵描きがいる。絵が描けるのです。「インガの庭」は姉にとって大いなるチャレンジでした。とてつもなく時間と人生を賭けた日々が始まりました。

Skåne Club

MENU CLOSE