Skåne Club

Blog

SkåneClubの『TVIST』物語No.3 Embroidery Column

TVISTの洗礼

スコーネの庭/立体3Dポーチ
デザイン:EICOTVISTデザイン工房

その頃ジャーナリスト兼アンティーク収集家のHiroeさんとご縁がありスコーネ地方エスロブの自宅にお邪魔していました。夏恒例、旦那様の兄弟&親戚&知り合い巡りにはひと夏では足りません。その頃はスウェーデンからデンマークに買い物に出かけるぐらいでほぼスウェーデン在中。電車より夏はレンタカーを借りて移動するのが便利。アンティークショップ巡り、郊外のレストラン、特にHiroeさんを待つ家族や友人宅訪問が私の中での南スウェーデン、スコーネ地方のイメージを変えてくれるのです。スウェーデンでは家を大切にします。行く先々の御宅が素敵で特に何気ないテーブルセッテイング&クッションを含む調度品に日々感動。ご自慢のリビング特にベッドルームを良く見せられました。初心者の頃北欧スウェーデンのイメージカラーはブルー、グレーなど寒色でしたがスコーネ地方は全くもって違うのです。綺麗な色のカーテンやテーブルクロス。Hiroeさんのお家には伝統柄のTVISTクッションがいくつもあって毎日見ているうちに使い込んだウール糸の風合いとデザインに段々と魅了されるのです。

Skåne Club

MENU CLOSE