Skåne Club

Blog

25周年記念作品展に向けて。 Embroidery Column

新作タペストリー製作中

デザイン:EICOTVISTデザイン工房

SkåneClub25周年記念作品展に向けて新作TVISTタペストリーを製作中です。ようやく地刺しまでこぎつけました。

フリチラリアが登場するデザインは1997年に恩師インガ・パルムグレン女史が住むスコーネ地方マルメ郊外の自宅兼アトリエにお邪魔し広大な庭に咲いていた花々を姉がスケッチをし試行錯誤をへて数年後TVISTに登場させたのがはじまりでした。
その後長きに渡りクッション、タペストリー、ポーチなど沢山の「インガの庭」シリーズを発表してきました。

SkåneClubは「インガの庭」で色々なデザインにトライしてまいりましたがもう少し視野を広め南スウェーデン、スコーネ地方に咲く草花や虫達、暮らしの中の花々など2019年10月に開催するSkåneClub25周年記念作品展からTVIST新作デザインは「インガの庭」改め「スコーネの庭」となりシリーズ化に向けて創作していきます。

若かりし良き時代に車でスコーネ地方を隈なく巡り、近郊の森を散策したり、素敵なお庭を拝見したり、可憐な食卓の花に触れたり、スコーネ地方で見た思い出深い花々をTVISTに登場させたいと思っています。


Skåne Club

MENU CLOSE