Skåne Club

About Us

Historyスコーネクラブの成り立ち


The BeginningM.Yamanashi氏との出会い

清水 惠都子が北欧の刺繍教室スコーネクラブを主宰するまでには家族の絆、大切な友人、多くの出会いがありました。特に刺繍人生に欠かすことができない3人の女性を紹介しなければなりません。

大阪モード学園でファッションデザインを勉強中、デンマーク刺繍を日本に紹介したM.Y氏を知り卒業と同時に北欧刺繍の世界へ導かれる。北欧がもっとも美しい夏至の頃に約10年以上デンマーク、スウェーデンに出向き手仕事や暮らし文化など特に南スウェーデン、スコーネ地方を中心に旅を重ねて沢山の出逢いを体験する事になります。

Happy Meeting with IPInga Palmgrenとの出会い

M.Y氏が主宰するディプロマ取得後の1994年、京都で「デンマーク刺繍倶楽部」を開設。1997年、クリスマスカレンダーで人気のスウェーデン織物作家&刺繍デザイナー「IPのクリスマス刺繍40周年記念展」を開催するために作者であるIPことInga Palmgren/インガ・パルムグレンのアトリエ&自宅訪問が実現しました。晩年のIPとの交流をきっかけにデンマーク刺繍だけではなく南スウェーデン・スコーネ地方の伝統刺繍の研究が始まります。教室の名前も改名しました。

Appearance of Skåne Club姉 EikoとTVISTとSkåne Club

記念すべき1997年、教室の名前も現在のSkåne Club/スコーネクラブへと改名。その頃から洋画家である姉の清水 惠為子の画題の取材も兼ねてスコーネ地方の刺繍を取材、行く先々で代表的なウール刺繍&TVISTに出会ってきました。特にTVISTはイスラムの影響が色濃く残るデザイン&色には驚かされました。このTVISTのタッチが姉には油絵に見えるようで、瞬く間にその魅力の虜に。

そうして私たちは、TVISTの伝統的なデザイン&色面の研究をスタート。試行錯誤を繰り返しながらTVISTでオリジナルのデザインを手がけるようになります。現在に至るまで姉 Eikoは刺繍デザイナーとしてTVISTをはじめ、ウール刺繍、クロスステッチ刺繍など多くのデザインを創作し発表してきました。スコーネクラブの刺繍は、そんなプロが手がける北欧モダンなオリジナルデザインとして広く親しまれています。また、TVISTとともに力を注いできた仕立て、ハンドメイド縫製は進化し続けています。刺繍を刺すだけではなく、特に現代に似合うオリジナルデザイン × ハンドメイド縫製は人気を博しています。

Informationスコーネクラブについて

Skåne Club主宰 清水 惠都子Etsuko Shimizu

1955年 京都府生まれ

刺繍クリエイター


北欧の刺繍教室 スコーネクラブ Skåne Club

  • Since 1994
  • 〒600-8027
    京都市下京区河原町通松原下る
    河原町エイトビル6F
  • skaneclub@gmail.com
  • 京阪電車:清水五条駅 徒歩5分
  • 阪急電車:阪急四条駅 徒歩7分
  • 市バス:河原町松原駅 下車 徒歩1分以内

京都駅からお越しの方は、市バス4系統・17系統・205系統のいずれかに乗車、
市バス:河原町松原駅にて下車してください。

Skåne Club

Skåne Club

MENU CLOSE